[sakuraneko]
福岡里親募集
*毎月bootymarket第4日曜譲渡会開催中・今月は23日!!
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
地域猫活動サポーター制度

 

http://webtv.pref.fukuoka.lg.jp/ja/movies/detail/3603

トイレ設置は大事なんデス

 

さくらファミリーが過ごしていた某施設の裏のお宅で

子猫と母さんの保護をしている時に

そちらのお宅の方とお話をする事が出来たのですが

何かお困りな事はないですか?と尋ねてみると

糞がくさいのよね〜〜〜との返答で。

 

あああ、やっぱりしてるのかぁと

見せていただいたのですが・・・

幅2メートルくらい糞だらけだったんです・・・(@_@;)

そこまでたまりますか!!と驚くほどの量でしたね。

 

家主さん、ココの窓をあけられないのよーと

困っているという割には

なかなかな暢気な感じでお話しをされてあって

今片付けましょうか!?と提案すると

それはありがたいとゴミ袋を持って来られたのですが

小袋一袋パンパンに、重さも何キロあったんだか

過去最高の糞掃除となりました(^_^;

 

これでは猫嫌いがうまれてもしょうがないよねぇと

苦笑いしながら片付けましたが

猫に対して過剰に拒否反応がある方々ではなくて

救われましたね。

 

今後の対策等もお話しさせていただき

野良猫用トイレも某施設内に設置した旨を伝えて終わりましたが

その後の様子も見に行ってみないといけないなぁと思ってます。

 

 

その某施設に設置したトイレは

海岸で砂を猫トイレに入れて運んで

(なかなかの運びやすさでした・砂は重い(苦笑))

施設内の花壇に敷き詰めました。

 

トイレ掃除についてはその施設の掃除の方がしてくださるとの話で

その後、猫たちもトイレを覚えてくれたようで

きちんと野良さん用でしてくれているそうです。

 

譲渡会終わって海岸行って・・・だったので

トイレを作る頃には陽も暮れていました(笑)

 

 

ついでに他のトイレも御紹介。

こちらはのぶちゃんやチャトちゃんを保護したFさん宅の花壇です。

部分的にトイレにしていただきました。

のぶちゃんのお母さんなどTNRしたのですが

きちんと利用してくれているようです。

 

 

こちらは3年も前になりますが

TNRのお手伝いをしていたお宅で

お隣さんがTNRに協力してくれたり

またそのお隣さんが

こちらのトイレを手作りしてくださったりと

皆さんが協力してできたTNRでした。

 

 

ちなみに私は海岸の砂を好んで使っていますが

先日猫カフェMOCAさんに遊びに行った時に見せてもらった

外猫用トイレは演芸用の軽石を使ってありました。

あれもよく利用してくれるそうです。

皆さん色々とアイデアがあると思いますので

それぞれ試してみて

一番利用してくれるのを見つけられると良いですよね。

 

何はさておきオスもメスも手術!+トイレ設置!

コツコツ地域地域で出来ていけぱ

少しずつ野良猫たちの苦情も減って行き

共生の道も近付くはず!

と啓発にも頑張りたいです。

 

そうだ。

トイレ取材でもしてチラシ作ろうかな(笑)

 

ボランティア精神でもって

野良さん用トイレを設置しても良いよ〜という方も

ありましたら

是非ともご自宅に設置を〜。

皆様のご協力が頼りです!

どうぞよろしくお願い致します!<(_ _)>

 

 

-----------------------

 


ご応募はこちらから。

飼い主さま募集中の猫達は
こちら!

ペットのおうちの一覧はこちら!

 


ご支援のお願い

 

子猫シーズン到来の為、

ミルク(森乳)カルカンパウチ(子猫用まぐろ味)

キッチンペーバー紙砂等(パルプエコ他)が必要な状況です。

ご支援いただけると助かります。

 

大変恐縮ではございますがご協力お願い致します。

 

 

フリマ品のご支援のお願い

タオルや石鹸などフリマ品としてご寄付いただける方がありましたらご協力をお願い致します<(_ _)>


にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

某施設周辺の猫たち

 

今年の冬の終わり頃

ある施設を利用しているHさんより相談があった事から

そのHさんや関係者の方と共に

施設周辺の猫たちのTNRや飼い主さま探しを始める事となりました。

 

最初にとりかかったのが

昨年生まれのキジ白くんと白くんきょうだいの里親探しでした。

二匹のきょうだいは無事里親さんの元へ巣立ち

 

 

きょうだいの母さん猫である黒ちゃんはTNRで

少しずつ進めている所でした。

 

 

そんな中妊婦だったこちらのさくらちゃん。

(黒母さんの子どもでキジ白きょうだいの一代前のコ)

 

 

結果的に子猫を7匹も産んでしまいました(大汗)

保護して飼い主さま探しをするしかないなと

40日ほど母さんに育ててもらうつもりで見守っていたのですが

 

 

ある日、さくらさんに手を差し出してみると

自分から寄って来て友好的な態度を示してくれたのですよね。

これなら行けるのでは!?とプラン変更!

そのまま母さん込みで一家で保護する事となったのでした。

 

 

実際おウチに入れてみても

なかなか穏やかなお母さんで性格も愛らしく

子猫たち以上にさくらさんが可愛いと

お世話する皆さんの心をグッと掴む事に。(^^)

天使な可愛さの子猫を前に

母さんが一番と言ってもらえる猫さんも

なかなかいないのではないでしょうか?(笑)

 

 

ちなみに子どもたちですが

残念な事に保護する頃には5匹になっていました。

頭数が多いせいか体重差があったり寒い冬でしたので

皆一様に結膜炎でガビガビに。

 

 

それでも保護後は目薬で皆みるみる快復。

体重差で小さすぎるコも特別メニューで

順調に体重も増えていき

大きいコに追いつきはしませんが

小柄なりに元気に成長していってくれています。

 

施設の中で出産したものの

裏のお宅へ移動してしまった時は

皆ひやひやさせられましたが

裏のお宅の方も優しい方で、保護時には快く敷地内に入れてくださいました。

天候不良や寒さから早めの一時保護に手をあげてくれた仲間もありました。

そしてそして保護を頑張ると決断してくれたHさん。

さくらファミリーが今無事に元気に過ごせているのは

いろんな方のお気持ちあっての事です。

 

次はさくらファミリーの幸せ探し!

頑張らないといけませんね!(^^)

 

皆様どうぞよろしくお願い致します!

 

 

-----------------------

 


ご応募はこちらから。

飼い主さま募集中の猫達は
こちら!

ペットのおうちの一覧はこちら!

 


ご支援のお願い

 

子猫シーズン到来の為、

ミルク(森乳)カルカンパウチ(子猫用まぐろ味)

キッチンペーバー紙砂等(パルプエコ他)が必要な状況です。

ご支援いただけると助かります。

 

大変恐縮ではございますがご協力お願い致します。

 

 

フリマ品のご支援のお願い

タオルや石鹸などフリマ品としてご寄付いただける方がありましたらご協力をお願い致します<(_ _)>


にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

冬の外猫たちの生活は過酷です

 

今年の冬は例年以上に寒い気がするのは気のせいでしょうか。

 

飼い主のいない猫たち・・・

風邪があちこちで蔓延しています。

 

写真のコは仲間が関わっている場所の子猫なのですが

状態がかなり悪く入院となっております。

現在自力でまだゴハンを食べれるまで回復出来ていません。

保護場所がない場合は

こういったコも少し良くなれば

また過酷な環境に戻るしかありません。

 

せめて寝床がある外猫さん達に

あったかい毛布でもあったなら・・・と

思ってしまうのです。

 

もし、おウチで眠っている古い毛布など不用なものがありましたら

少し外猫たちにご寄付いただけないでしょうか。

そして貼らないタイプのカイロも・・・

外猫たちへご支援いただけると嬉しいです。

 

今年は本当に寒いです。

風邪ひきさん達の体調が少しでもあがっていけるように

勝手なお願いではありますが

ご協力いただけますと大変ありがたいです。

 

どうかよろしくお願い致します。

 

-----------------------

 


ご応募はこちらから。

飼い主さま募集中の猫達は
こちら!

ペットのおうちの一覧はこちら!

ご支援のお願い
ご協力いただけますと大変助かります。
恐縮ではございますがよろしくお願い致します。

 

キッチンペーバーパルプエコの紙砂絶えず必要な状況です。

地域猫たちの為にカイロ(なるべく有効時間が長いものがありがたいです)も必要です。

大変恐縮なのですが、ご支援していただけると助かります。よろしくお願い致します。

 

◆追記◆

地域猫や飼い主のいない猫たちに

毛布やブランケットをご支援いただけないでしょうか。

おウチで眠っているもので構いません。

少しでも寒さをしのげるように

ご協力いただけると大変嬉しいです。

 

フリマ品のご支援のお願い

タオルや石鹸などフリマ品としてご寄付いただける方がありましたらご協力をお願い致します<(_ _)>


にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

ラグ母さんムービー

 

こんな甘えん坊さんが野良さんをしてきた。

何年も、何年もの間。

そこが平和な場所なら良いのだけど

飼い主のいない猫達にとって

平和な場所なんてないといっていい。

それでもこの子達は

毎日をしっかり生きてる。

それでいいのだとは思うのだけど

人間に翻弄されがちな飼い主のいない猫たちで。

 

突然、この生活を断ち切られたりする事も多分にある。

事故だったり、

捨てられたり、

可愛がってくれていたはずの人に見捨てられたり

誰かに移動させられたり

虐待されて突然命を断ち切られる事だってある。

 

(飼い主のいない)ねこに未来はない・・・

何かあるたびに思う。

それでもあのコ達は毎日をしっかりと生きている。

彼らの暮らしを過剰に可哀想がるのも違う、と思ったりもする。

 

さて・・・

「ラグ母さんはどうなの?」

 

 

-----------------------


ご応募はこちらから。

飼い主さま募集中の猫達は
こちら!

ペットのおうちの一覧はこちら!

ご支援のお願い
ご協力いただけますと大変助かります。
恐縮ではございますがよろしくお願い致します。

 

フリマ品のご支援のお願い

タオルや石鹸などフリマ品としてご寄付いただける方がありましたらご協力をお願い致します<(_ _)>




にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

 

ラグ母さんに愛の手を

 

今年TNRする事になったS地区の某所。

 

S地区について無法地帯な地域だと

私が勝手に言っているのですが(笑)

餌やりさんも多く未去勢なコも数知れずで

その中でも猫達がなかなかの頭数集中していたのがWさん周辺。

そこにいたのが写真のラグ母さんでした。

出会ったのは(見掛けたのは)2015年のちょうど今頃でした。

 

色々と問題ある地区だと言われていたので

手に負えないなと見る機会がたまにはあったものの

頭を抱えるだけで何もして来なかったのですが

今年はS地区の別のコの手術で手伝っていた所に

偶然Wさんにお会いし、

更にはWさんの方から相談を持ちかけられて。

 

かなり評判の悪いWさん周辺なのですが

Wさんの方から手術をしたい、資金は出す、手伝ってもらえないかと

非常にまともな話し合いをする事が出来ました。

 

人の噂はあてにならないものだと思いましたね(笑)

 

そしてあすなろが始まって、順調にTNRを進めているのですが

話を聞くと、この母さんが始まりみたいなもので

もう8歳?10歳?にはなるのではないかという話でした。

どれだけ産み続けてきたんだとゾッとしましたが

飼い主のいない猫としては高齢で

今年もしっかり産んでしまったラグ母さん・・・

手術頑張りましょうと話を進め

なかなかラグ母さんの動向が不明だったのですが

ここの所なんとなく掴めてきて

やっとやっと水曜日に捕獲する事が出来ました。

 

 

捕獲と言ってもラグ母さんは人慣れ抜群で

抱きかかえてお腹の確認も出来ましたし

そのまま捕獲機に入れられるレベルの扱いやすさで

会えさえすれば楽勝の猫さんでした(笑)

 

 

手術も無事終わり、本日リリース予定だったのですが

ラグ母さんを心配してくださったOさんより

術後のケアでお腹の傷が安定するまで預かっても良いとの

お申し出をいただいて

今日からOさん宅へ預かっていただいています。

 

おトイレもきちんと出来て

甘え上手で本当に扱い易いコなので

このまま飼い主探しをしてあげられたらなと思うのですが

現在も山ほど保護猫を抱えている状態で

新しい飼い主さんが見つかるまで預かってもらえる方もいない状況。

ダメ元でリリースまでの間

ブログで飼い主さま探しを出来ないものかなと

とりあえず掲載をさせていただきました。

 

室内に入れたのは今日からですので

この1-2週間の間にどんなラグ母さんに変身するかは未知数ですが

ここまで頑張ってお外で生きてきたコですので

これからはゆっくりおウチでラグ母さんだけを

可愛がってくださる方に出会えたらなぁと

小さな希望を持って掲載致します。

 

ラグ母さんが気になられる方がありましたら

お気軽にお問い合わせいただけますと嬉しいです。

詳しくお話させていただきます。

 

ラグ母さんとご縁のある方に出会えるといいなと思っています。

よろしくお願い致します。

 

-----------------------


ご応募はこちらから。

飼い主さま募集中の猫達は
こちら!

ペットのおうちの一覧はこちら!

ご支援のお願い
ご協力いただけますと大変助かります。
恐縮ではございますがよろしくお願い致します。

 

フリマ品のご支援のお願い

タオルや石鹸などフリマ品としてご寄付いただける方がありましたらご協力をお願い致します<(_ _)>




にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

 

 

想像するだけで恐ろしい

 

今期のあすなろ猫が始まった頃からだったか、

TNRのお手伝いをしている方から、

野良の親子猫が3組も庭にきているお宅があるとの情報があり、

その情報をくださった方や町内会長などに

説得していただいたりして、

非常に時間がかかってしまいましたが、

先週末よりやーっとやっとTNRをスタートさせられました!

 

 

まずは母猫からをターゲットにして

現在捕獲を4匹しましたがその中の2匹が母猫。

そして今の所全てメスでした。

 

 

全員産んだらと思うとゾッとします。

まだ捕獲していないあと1匹の母さん猫の子供も

2匹メスだと確認。

現在わかっているだけで7匹メスですよ。

 

一匹から4匹産まれたとして

何ヶ月か後の今春には推定35匹以上

現在いるオスも入れれば40匹くらいになる可能性があります。

恐怖しかありません(*_*)

 


現時点で12匹くらいいそうで

あすなろ猫の枠が5枠あった為まだ多少は助かったものの

それでもあとの7匹は正規の値段になる訳で

即座に苦情のくるレベルですし

資金も大変すぎますし

可哀想なだけで増やす事がどれだけ危険なことか

どれだけ猫達をますます可哀想な結果に追い詰めていくか

想像できるようにならないといけないと思います。

 

「手術は可哀想」

「親子を離すのが可哀想」

毎回この言葉を聞かされますが
それ以上の「可哀想」な事を
しなければならなくなるほど
追い詰められる可能性は大なのだと
気付いて危機感を持てるようになって欲しいです。

 

早め早めの手術をしないと一年であっという間に増えてしまいます。
動物管理センターが主催している犬猫相談会
毎月開催されています。
次回は今度の日曜、12月4日です。

 

どうやって手術をすれば良いか、野良なんて捕まらない、そう思わずに
犬猫相談会に相談してみたり
地域猫活動者や猫のボランティアをしている人に聞いても良いと思いますし
自分が関わっているコ達には
手術する事は必須だという意識を持って接していただけたらと思います。
(状態の悪いコに関しては
難しい事もあるかと思いますので一概にはいえませんけどね)

 

11月もそろそろ終わり、12月に突入する訳ですし
冬の繁殖シーズンを前に
猫達の体力がまだあるうちに
今、手術をしてあげて欲しいのです。
1月、2月と寒さがどんどん厳しくなってきますので。

 

ぜひぜひぜひ
よろしくお願い致します。

 

不妊去勢専門病院の
いつも予約でいっぱいで、1ヶ月以上待つ事もあります。
予定してある方はなるべくお早めに行動に移された方が良いかと思います。

 

TNR-博多ねこ会員になるのもお勧めです。
あすなろ猫価格レベルの低価格な
会員価格で受けられる指定病院もあり、
更には助成金もあります。

 

勇気のいる事かと思いますが
猫さんも若く体力もあり、
体調の良い時に手術してあげる方が良いですし
早く手術してあげれば
術後のケアが終われば
毎日のゴハンさえもらえているのであれば
体調も安定してくれます。

 

喧嘩も抑えられますし
助けたいお気持ちがあってゴハンもあげてしまうのだと思いますし
是非、そこまでしてあげてください。

 

どうか、よろしくお願い致します。
沢山の方が意識していく事で
猫達が生きていてもいいよ、と
言ってもらえる町になってくれると思いますので。

 

猫が好きな私達次第だと私は思ってます。

 

よろしくお願い致します。

 

-----------------------


ご応募はこちらから。

飼い主さま募集中の猫達は
こちら!

ペットのおうちの一覧はこちら!

ご支援のお願い
紙砂が常に不足しています。
ご協力いただけますと大変助かります。
恐縮ではございますがよろしくお願い致します。

 

フリマ品のご支援のお願い

タオルや石鹸などフリマ品としてご寄付いただける方がありましたらご協力をお願い致します<(_ _)>




にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

ながおくん復活!

 

譲渡会で募金をお願いしていた

飼い主のいない猫のながおくん。

 

ながおくんはサンリバさんが数年前にTNRしたコで

今回行き倒れていた所を病院へかつぎ込まれ(猫にも使っていいのかな?(笑))

一時は生還も危うい所まできていて危険な状態だったそうなのですが

なんとか持ち直してくれて

無事に退院する事が出来たそうです。

 

ながおくん・・・

名前だけは聞いていましたが

こんなお顔でしたか。

なんか想像通りです(笑)

 

でもホント良かったーーー。
サンリバさんに助けてもらった命。
事故にだけは遭わないよう気をつけるんだよ。
がんばれながおくん!

 

今日はこちらも非常に苦労していたコを
無事捕獲する事に成功した日でもありました!
明日はそのコの手術・・・
大変なことですが
これであのコの今後の生活が良くなってくれるように祈るのみです。

 

またそのコのお話は次回にでも。

 

ながおくんへ募金くださった皆様
本当にありがとうございました(*^_^*)

-------------------------


ご応募はこちらから。

飼い主さま募集中の猫達は
こちら!

ペットのおうちの一覧はこちら!

ご支援のお願い
紙砂が常に不足しています。
ご協力いただけますと大変助かります。
恐縮ではございますがよろしくお願い致します。

 

フリマ品のご支援のお願い

タオルや石鹸などフリマ品としてご寄付いただける方がありましたらご協力をお願い致します<(_ _)>




にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

 

 

しーちゃん


スス子の正式譲渡となったとても喜ばしい日となった2月11日。

正式譲渡を済ませた帰り道。
地域猫活動の仲間からメールが届いていた。
なんだろうとメールを開いてみたら
突然の悲しい知らせ・・・
衝撃が走った。

しーちゃんが事故で亡くなった。。。

いつも犬の散歩で地域猫活動場所近くを通られている馴染みの方が
亡くなっているのを発見してくださり知人へ連絡。
そこから仲間へと伝わり、
その仲間が慌ててしーちゃんの所へ向かった所
発見者の方より井の口さんへ連絡がされていた為
もう井の口さんは向かってあって
それでもなんとか回収直前にしーちゃんの亡骸に会う事が出来た。

昼頃仲間が様子を見に行った時には
しーちゃんはいつもと変わらない愛らしいお顔をして
ご機嫌に過ごしてくれていた・・・
多分、それからそう時間もたたないうちに
事故は起こってしまったようだ。

その日は私の当番日で
亡くなっていた場所を聞き、見に行ってみると血痕が一つ。
水で流しても固まってとれなくなっていた。。。



しーちゃんは昨年秋に
3匹兄弟で捨てられたコの一匹で。
現在保護しているビーちゃんの兄弟だ。

簡単に保護が出来ない為
生後6ヶ月以上一歳未満と思われる3兄弟は
現地で頑張ってもらう事にしたものの
ビーちゃんは怪我で入院。
そのまま戻すには忍びなく、保護して現在に至るが
残された二匹の兄弟は
仲良く上手に地域猫活動場所で暮らせていた。
2匹一緒に寝て、遊んで、
いないなぁと探してみると二匹でちょっと遠征していたり
本当に仲良しぶりの愛らしさといったらなかった。

そんな相棒がいなくなってしまった。。。

残されたえーちゃんは、
しばらく鳴いて探している節が見てとれた。
空しいやら切ないやら
保護するべきかと悩んだ。

そうこうしているうちに
多頭放棄Kさんの所の元気を
こちらで面倒みなくてはならなくなってしまい
残されたえーちゃんは結局はそのまま現地生活続行で。
なんだかんだ他の優しいコにくっついて
一緒に寝てもらったりしている。
こういう場所では
以前いたコ達もそうだったが
若いうちに捨てられたコ達というのは
永遠に皆の弟分のように感じる。

それもこれも、不妊去勢手術を皆済ませている事もあると思う。
外の過酷な環境で生きていくには
餌場や寝床の確保は大切。
他のコ達と上手に過ごしていかないとそれらを確保するには難しくなる。
不妊去勢を済ませていないと
ケンカや争いは絶えない。
活動場所の皆が
今上手に暮らせているのはそういう事なのだと思う。



昨年の夏にミケちゃん兄妹が捨てられ
ミケちゃんは以前記事にも書いたが亡くなった・・・
その一ヶ月後かな・・・
がっちゃんと名付けていたその兄妹も
なんだか腑に落ちない亡くなり方をして
2匹とも天国へ逝ってしまった。

そして今月、しーちゃんまで。
夏、秋と捨てられた5匹のうち3匹もだ・・・。

無防備なコ達はコワイ道を知らなさすぎると思う事が多々ある。
だから轢かれやすい。虐待に遭いやすい。

毎回毎回
こういう事があるたびに
このコ達をここに連れて来た人が
このコ達の悲劇を知らないのが空しくてならない。
平和に暮らしている訳ではないんだという事を
知って欲しいし、知るべきなのに
絶対知らないんだよね。



しーちゃん・・・
捨てられてすぐの時も
たった一日だけ目撃されたものの
恐怖心からか
1週間だったか、10日だったか失踪して・・・
それでもなんとか戻ってくる事が出来
なんとか新しい環境に馴染み
皆の仲間入りも出来て
去勢手術も頑張って
寒い冬も雨の日も雪の日も頑張って生きてきたんだよね。
でもこんな風に命は突然消えていく。
悲しい事だ。

捨て猫がなくなるようにする為にも
増やさない努力と
自制心も大事だと気付く事が必要。

可哀想だけで動くのは時にはとても危険で
結局捨てるという選択をしなければならない人が
あるように思う。

活動していく中で感じてきた事だったりするのだけど・・・
違うのかなぁ。

 

-------------------------


飼い主さま募集中の猫達は
こちら!

ペットのおうちの一覧はこちら!

ご支援のお願い
紙砂が常に不足しています。
ご協力いただけますと大変助かります。
恐縮ではございますがよろしくお願い致します。




にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

町ねこ調査

 

本日TNRデイ。
予定の猫が警戒心が強く、
こちらの気配を消す為に周辺の調査をしてみました。
 

▲猫除けは、今回の依頼者さんが猫嫌いさんに進呈したもの。



裏のお宅は屋根に網を張ってました。有刺鉄線付きで(苦笑)
よっぽど登るのでしょうねぇ。
簡単にジャンプできそうですもんね。私も猫なら登りたくなるかも(^_^;
こちらも猫がかなりお嫌いなのでしょうね(^_^;)


そして首輪をしてプラプラしている猫も結構多いんですよね。
古い町は飼い方も古い方が多いです。
 

町内の方にこの小さな活動を知ってもらって、
猫に関わる方々が自発的に考えるようになると良いなぁと思うのですが、
餌やり宅は目立ちたくないお気持ちが強かったりするんですよね。
まあ・・・お気持ちはわかりますです(^_^;

とりあえず、TNRや地域猫活動を知って欲しいです。
町内の回覧板でチラシなんかを回してもらうと良いなぁと思います。
家庭動物啓発センターに分かりやすい冊子やチラシがあります。
どなたでも気軽にもらえますので
是非利用されたい方はもらいに行かれてみてください。
沢山必要な方は一度お電話されていかれるといいですよ。
用意してくださると思います。
 

-------------------------


ご応募はこちらから。
 
飼い主さま募集中の猫達は
こちら!

ペットのおうちの一覧はこちら!

ご支援のお願い
紙砂が常に不足しています。
ご協力いただけますと大変助かります。
恐縮ではございますがよろしくお願い致します。