[sakuraneko]
福岡里親募集
*毎月bootymarket(吉塚6-11-1)第4日曜(5月は28日)譲渡会開催中!!
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< チャップリンのカカカ | main | 今月の譲渡会は23日です! >>
今日書かずしていつ書く

 

4月4日はジェイくんの月命日。

一ヶ月前の3月4日、

ジェイくんは天国へ逝ってしまいました。

 

昨年の暮れから今年の頭まで

トライアルや譲渡が立て続けに決まり忙しくしていたのですが

そんな中、ジェイくんもやっとやっと素敵なご縁があり

 

 

相棒としてウリちゃんも一緒にトライアル、

そして正式譲渡となったのが今年の1月中頃の事でした。

 

 

ジェイくんは昨年の6月、子猫で保護してから

何人も希望者様が現れてくださったのですが

なかなかジェイくんに合うお宅に出会えず

決めきれずにいたのですが

昨年末運命の出会いをいただき

 

 

ジェイくんはウリちゃんと一緒に

幸せを掴む事が出来たのでした。

本当に嬉しい正式譲渡でした。

 

 

それなのに

正式譲渡から約二週間・・・

ジェイくんの様子がおかしく

病院へ連れて行ったらFIPと診断された、と

連絡が入ったのです・・・。

 

子猫でもないのに

もう何ヶ月かしたら1歳になるのに

今まで元気で特に問題もなくすくすく育ってきたのに

正式譲渡になってやっとこれからというときに

ありえないとしか思えず

あまりにも衝撃的すぎで

譲渡後のFIPは何度となく周囲で見てきましたが

自分が体験して初めて皆さんこんな思いをしていたのかと

勝手に思ったりもしました。

地域猫達との別れで自分の中での折り合いをつける事は

慣れていると思っていたのですけどね。

この病気は元気なコの命を奪い

いろんなものを粉々にしていくんだなぁと

喪失感が襲ってきたものでした。

 

 

そんな私の勝手な思いはさておき

ジェイくんの病気のケアをどうしていくか

考えなくてはなりませんでした。

まだ譲渡して一ヶ月も経たない時期の事で

ジェイくんとウリちゃんの家族となってくださったYさんは

猫飼い初めてのお宅でもありました。

 

これからの闘病生活は荷が重すぎるのではないかと

散々迷ったのですが

まだ元気なウチは、ウチの保護部屋で寂しく過ごすより

Y様のお宅でご家族皆さんと触れ合いながら過ごす方が

ジェイくんにとっては幸せな事だよねぇと

酷なご提案でしたが

できるサポートはさせていただくとして

そのままYさんのお宅で過ごさせていただける事になりました。

 

 

闘病期間中は

Yさんも沢山悩まれ、大変な思いをされただろうと思いますが

ご家族皆さんでそれはもうジェイくんの為に

沢山の愛情を注いでくださいました。

そしてジェイくんもまた

そんなあったかいご家族の中で

ジェイくんらしく毎日を過ごしてくれました。

色々お話をお伺いしていましたが

本当によくしていただいて

Yさんご一家には救われる思いでした。

 

 

ジェイくんがY家の皆さまと出会って

2ヶ月とほんの少し。

濃密でとても幸せな時間だったと思います。

どれだけ短い時間でも

病気との闘いはすごく辛かっただろうけど

それでもジェイくんにとっての

Y家の皆さまとの出会いはかけがえのないもので宝です。

それは私にとっても同じです。

 

元気にしてくれているウリちゃんもとっても幸せです。

今でもこっそりウリちゃんはジェイくんと遊んでいるんじゃないかなぁと思います。

大好きな家族のいる大好きなおウチですからね。

 

Y家の皆さま本当にありがとうございました。

どれだけ感謝の言葉を並べても伝えきれません。

Yさんちのコになれてジェイくんは本当に幸せでした。

良いご縁に感謝申し上げます。

ありがとうございました。

 

 

ずっと書かなくては・・・と思っていたのですが

やっとやっと書けました。

 

ジェイくんに関わってくださった全ての方へ

感謝申し上げます。

ありがとうございました。

ほんとうに可愛いコでした。。。

 

-----------------------


ご応募はこちらから。

飼い主さま募集中の猫達は
こちら!

ペットのおうちの一覧はこちら!

ご支援のお願い
紙砂が常に不足しています。
ご協力いただけますと大変助かります。
恐縮ではございますがよろしくお願い致します。

 

フリマ品のご支援のお願い

タオルや石鹸などフリマ品としてご寄付いただける方がありましたらご協力をお願い致します<(_ _)>




にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
ほんとに可愛い子でしたね
可能ならばうちに迎えたいくらいでした
何でこの世の中にはそんな病気があるんでしょうか
虚しくて悲しくて憎いです

でも一人ぼっちで逝かなくて良かった
沢山愛情貰えて良かった
次はうちの子に生まれておいでね

ジェイくんのご冥福をお祈りします
ayakawa | 2017/04/10 12:46
ayakawaさん、ジェイくんへの想いをありがとうございます。
ほんとにこんな事があっていいものかと思ってしまう病です。
なんの為に活動をしているのかとついおもってしまいます。
ただ、ジェイくんを見守ってくださった方々、出会って来た方々はジェイくんにとって幸せなことだったと思えるのでそれが救いです。
皆さんに本当に感謝しております。

ありがとうございました<(_ _)>
[sakuraneko] | 2017/04/14 03:22
ジェイくん
2016年8月、君がトライアルに来てくれた3週間はとても楽しかったよ。
結果は先住さんが隠れてしまい、泣く泣くお別れになったね。ごめんね。
離れて暮らす子供達も君に会えることを楽しみにしていたのに…
少ししてリビングに君の写真館が出来ました。

今年に入って、君が正式譲渡になったと聞きました。嬉しかった。本当に嬉しかった。
同時に、もう会えないと思いました。

でも、良かったね。いいおうちで、ウリちゃんと新しい家族と一緒で良かったね。最後まで可愛がってもらって、良かったね。

もし今度、生まれ変わって…その時、猫だったら
うちに来てね。うちの子になってね。その時は、また遊ぼうね。
yamamoto | 2017/04/28 00:27
yamamotoさーーーんっ(T.T)
迷ったんですよねぇ。
すごくすごく大切に思ってくださっていたので、正式譲渡もすごく喜んでくださっていたので、報告するのが良いのか、わざわざ悲しい思いをさせてしまうのも複雑だなぁ、と色々考えました。

yamamstoさんも本当にわが子にようにジェイくんを可愛がってくださって、ジェイくんにとってもう一組の大好きなお父さんとお母さんだったと思います。

本当に沢山の方に愛されたコですよね。。。
寂しいけど、ありがとうなんです。

yamamotoさんにも本当に感謝しております。
こんな風に大切に思ってくださる方と出会えるのは本当に嬉しい事で、また頑張ろうって思えます。

yamamotoさんのお気持ち、ジェイくんにしっかり届いていると思います。
本当にありがとうございました<(_ _)>
[sakuraneko] | 2017/04/28 01:19
COMMENT









Trackback URL
http://hitotoneko.jugem.jp/trackback/1072
TRACKBACK