[sakuraneko]
福岡里親募集
*毎月bootymarket(吉塚6-11-1)第4日曜(4月は23日)譲渡会開催中!!
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< エモちゃん正式譲渡になりました! | main | 4月の保護猫達と支援のお願い >>
悲しすぎます
多頭放棄K宅のほんの目と鼻の先にFさんという人が住んでいた。

60代くらいだろうか、ご夫婦で住まれていたのが
数年ほど前にご主人が他界された。

そのご主人が外のコに餌をあげていたのだが4-5匹いたそうで
その猫達は、奥様が餌をあげなくなっていたので
ウチの地域猫仲間のMさんがしょうがなく引き継いだ形となった。
不妊去勢が済んでいなかったコもいたので手術も済ませた。

その中の1匹はご主人が大層可愛がっており
家の中にもあげていた。
出入り自由の半飼い・・・と思っていたのだが
きちんと病院も連れて行っていて
室内にはそのコの寝床もあったそうだ。
その話を聞き、確実に飼い猫じゃないかと思った。

そのFさんが一昨日の土曜日に引っ越してしまった。
Mさんから一ヶ月前にその話を聞かされ
ご主人が大層可愛がっていたそのコを
奥様は連れていかない、Mさんに面倒を見てくれと頼んできたそうだ。
Mさんももう70代。Mさん自身も飼い猫が3匹+保護猫が1匹いる。
そんな状態でそのコを飼ってあげる事など出来ないし
せいぜいゴハンをあげてあげるくらい。
でもその置いていかれるコはもう15歳くらいになるそうなのだ。
そんなに高齢なコを、もうあとどれくらい生きられるかもわからないコを
ご主人がとても可愛がっていたそのコを
15年もの間、いろんな事がある中でいつも側にいたそのコを
どうして置いていこうなんて思えるのだろうか。

新しい飼い主を探すにしても高齢猫で
一切Fさんは関わる気はない。
見つからなければ自分のコにしなければならないし
Mさんも保護しなければならないのだろうかとの思いがありながら
踏ん切りがつかない。
Fさんとこの外猫の面倒も見て、多頭放棄K宅の現地に残ったコの面倒もみて
更に、外猫に手を出しながらも途中で見捨てられたコの面倒も見ている。
コツコツボランティアをしている人間に
周りは中途半端に関わり全部押し付けて行く。

引っ越し前日にMさんはFさんから
置いていかれる猫のゴハンと
そのコが使っていた敷物と
病院の診察券を渡されたそうだ。
泣きながら渡してきた、とMさんは言った。
思わずこっちが泣きたいわっと捨て台詞でも言いたい状況だっただろうに
Mさんは何も言わず黙って受け取ったそうだ。

そして今日、地域猫任務の行き道にその家の前を通ってみたら
縁側にそのコと思われる猫が寝ていた。
Mさんにメールで聞いてみるとそのコが置いていかれたコなのだと言った。

帰りにももう一度通ってみたら
夜、真っ暗になり、
雨が降り続いている中で
家の灯りがつくこともない縁側に
まだそのコは寝ていた。
あまりに悲しい光景で涙が出てしまった。

灯りのつかない家で
開くことのない扉の前で
15年も毎日会えていた人に会えない・・・
悲しすぎますよ。

たった、たったの1匹なのに
人はどうして切り捨てていけるのでしょうね。

地域猫活動場には首輪をしているコ、首輪の後があるコ、
見るからに高齢で飼われていたであろうコが捨てられてきました。
そのコ達の過去をよく想像します。
こんな風にはっきりわかってしまう事があると
その想像は私の中でより確信へとつながっていきます。

飼い主のいない猫と呼ばれるコ達の中に
どれだけのコが人と関わり見捨てられて来たのか・・・
かなりの数がいるのだと感じてきました。

人というものは
自分の感情だけで猫に癒やしを求めてしまいがちですが
もうちょっと敬意を払えないものなのかなと
いつもいつも思ってしまいます。
野良と呼ばれ、時には存在自体悪者扱いされてしまう猫達の背景には
いろんな事が隠れているのだという事を知って欲しいです。

そして手を差し伸べてあげるのでしたら
TNRをして増やさない努力をし
周囲に気配りをしながら
自分の出来る範囲で最後まで手を離さないであげてください。

猫が好きな方が勇気を出して頑張ってくれる事で
飼い主のいない猫達がおかれている環境が次第に変わっていけます。

そして一度家族に迎え入れたのであれば
何があっても最後まで責任を持ってください。
出来ないのであれば手を出さないのも愛情です。

 
 
--------------------------

 
飼い主さん募集中の猫達は
こちら!
 
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
良かったら↑押してやって下さ〜い!

 
スポンサーサイト
本当にひどいですね。
何もできないけど、応援してます。
シェアさせていただきました。
がんばってください。
にゃりん | 2015/04/23 16:21
ホント ひどい話だよね!
なんか お隣のおばちゃんに捨てられた ミーちゃんやクロちゃんたちを思い出したよ!
あの子たち 帰るはずのない主を ずーと、待っていたんだよね...
なんだかね...

大丈夫かい? ちゃんと、ご飯食べるんだよ〜〜!
K◎ | 2015/04/25 02:15
にゃりんさま
コメントありがとうございます!
シェアまでしてくださったのですね。
感謝致します(*^_^*)

katsumaruさん
あああああ、私が一生忘れる事ないであろうミーちゃん事件。
それをkatsumaruさんは直接見てきたのだもんね。
あんな最後は辛すぎだよ。

ゴハン・・・食べてる!(笑)
食に走る方だから大丈夫。ぶ?(笑)
でもまた子猫捨てられて、まだガッツリお世話が必要なのでそちらが大変でございます(>_<)ゞ
natsu | 2015/04/27 04:20
COMMENT









Trackback URL
http://hitotoneko.jugem.jp/trackback/657
TRACKBACK